だるま

白隠禅師〜500年に一度の名僧〜

白隠禅師は、駿河国原宿(現在の沼津市)長沢家の三男として、貞享二年(1685年)十二月二十五日の仕舞天神の日、丑の年、丑の日、丑の刻に生まれ、名を岩次郎といった。

十五歳のとき松蔭寺で出家、慧鶴(えかく)と名付けられた。十九歳より旅に出て諸国を修行し、ついに五百年間に一人と言われるほどの高僧となり、のち臨済禅中興の祖と仰がれるようになった

禅画をよくし、好んで釈迦、観音、達磨などを描き、現在松蔭寺に多数保存されている。

また「駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠」とも歌われた。

明和五年(1768年)十二月十一日八十四歳で入寂(にゅうじゃく)し、後桜町天皇より神機独妙禅師の諡号(おくりごう)を、また明治天皇からは正宗国師の諡号を賜った。

松蔭寺
墓

人気の新鮮、極上かにが激安http://nephilim.jp/

↓日本最大の宿泊予約サイト↓

楽天トラベル

サイトMENU

Copyright (C) 2007 白隠禅師〜500年に一度の名僧〜. All Rights Reserved.